前へ
次へ

成人式のお祝いに対するマナー

人生の節目節目でお祝いを頂くことがあります。
子供のうちは親に任せていても、成人式の際は大人の第一歩としてお返しが気になります。
親戚からの成人式のお祝いには、一般的に内祝いは必要ありません。
兄弟姉妹で甥や姪の際にはお互いになしと決めている人も多いようです。
しかし、本人からお礼の電話を入れ、お礼状を出すのがマナーです。
土地によって習慣は違いますが、お返しが必要な際は頂いたお祝いの三分の一から半額がお返しの目安です。
品物はタオルや食べ物など、実用的なものを選ぶといいでしょう。
のしの表書きは内祝いとし、紅白の蝶結びの水引の下には成人した本人の名前を書きます。
成人式の時に撮影したスナップ写真を添えるのも喜ばれます。

Page Top